折上先生の静かな世界

北の大地で臨床7年目歯科医師です。

水曜の朝、午前三時 蓮見圭一

水曜の朝、午前三時

蓮見圭一

 

読みました。

 

”私はそれを、周囲に生い茂って養分を奪う雑草のせいにしてきたけれど、事実はまるで違っていた。私は必要なだけの水を与えられたことが一度もなかったのだ。”

 

とても良い文章でした。

人生は”宝探し”の考え方がここにも表れていると思います。

心の深い部分を覗かれるような、いい小説でした。

 

 

 


水曜の朝、午前三時 (河出文庫 は 23-1)